お問い合せ075−708−2614
E-mail shinobue@taminouta.com
 
   

ごあいさつ
私・森田玲は能楽師の林宗一郎氏と共に、平成26年度「京都市芸術文化特別奨励者」に認定されました。

一年間の活動を通して様々な祭の現場を見聞し、文献を読み、議論を重ね、舞台を実践して、大きく成長することができました。

京都市、市民の皆様に感謝を申し上げます。 今後も京都市、ひいては日本に資する活動を行なって参りたいと存じます。

玲月流 初代 篠笛奏者 森田玲



平成26年度 京都市芸術文化特別奨励者 報告書


 

京都市芸術文化特別奨励制度

新たな芸術文化の創造を促進し、京都の芸術文化の振興を図ることを目的に、これから大きくはばたこうとする若い芸術家を奨励する制度。 奨励の内容:将来に向けて積極的な芸術文化活動を行う、若い芸術家などの育成を目的とする。


活動報告書のダウンロード


活動報告書をまとめました。ダウンロードいただけます(PDF)。

印刷物が必要な方はご連絡下さい。


<全文>

平成二十六年度 京都市芸術文化特別奨励者

活動報告  PDF 18.11MB



<分割>

表紙  PDF 3.62MB

フィールドワーク  PDF 8.35MB

舞台・実践  PDF 3.61MB

対談  PDF 2.76MB

裏表紙  PDF 46MB


○ 森田 玲 プロフィール

 

森田 玲(もりた あきら)

昭和51年生まれ。篠笛奏者。株式会社「民の謡」代表取締役。
篠笛民俗文化研究会会長。
岸和田高等学校卒業、京都大学・農学部森林科学科卒業。

平成24年度(第67回)文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞受賞。

透明で艶のある音を練り、独奏や和太鼓との共演でその魅力を発揮する。京都三条と大阪岸和田に店舗を構え篠笛の製作・販売・教室を統括する。

舞台での演奏の他、奉納演奏にも取り組み、岸和田祭地車清祓式(岸和田市)、厳島神社(京都市・京都御苑内)、御寺泉涌寺別格本山雲龍院(京都市)などの他、平成24年には祇園祭岩戸山にて「奉納吹舞・天岩戸のカミあそび」を納める。

また、奏法指導にも力を入れ、奏者の癖を瞬時にに見抜き、音色改善方法を明解に示し効果を上げることで定評がある。

研究者としても地道な調査を重ね、地域文化の継承・発展に貢献したいとの想いで「摂河泉の神賑」と題し、後世に伝えたい音風景を様々な方法で紹介している。主な研究対象は、岸和田だんじり祭・大阪の神賑行事・伊勢大神楽。

執筆活動として、連載「探求・日本の神賑」(産経新聞)、「篠笛事始め」『たいころじい』(財・浅野太鼓文化研究所)、著作に『篠笛事始め』、『岸和田祭音百景平成地車見聞録』(民の謡)、「摂河泉の神賑」(岸和田市青年団協議会)、共著『改訂増補・大阪の教科書』(創元社)などがある。

能楽師 林宗一郎氏のホームページ
 
copyright (C) 2000−2016 Taminouta Corporation All rights reserved.