お問い合せ075−708−2614
E-mail shinobue@taminouta.com
 
 篠笛とは

shinobue
● 篠笛とは
篠笛は日本に古くから存在する横笛です。

指孔は七孔、六孔のものが一般的であり、地域によっては五孔やそれ以下のものもあります。遠音のさす艶やかでまっすぐな音色と、指打ちによるピロピロとした装飾音が特徴的です。

現在も各地の民俗芸能(諸社の里神楽、巫女舞、山・鉾・屋台の祭礼囃子、獅子舞、盆踊り、民謡囃子など)で用いられています。

女竹(メダケ)に孔をあけた簡単な構造ですが、使用される地域や用途ごとに様々な表現に応えます。

篠竹(細竹の総称)で作られるので、「篠笛」とよばれていますが、地域によっては、単に「笛」あるいは「草笛」「笹笛」などと呼ばれています。
 
● 篠笛の材料
篠笛は女竹(メダケ)で作られています。

成長すると径が1cm〜3cmになり、一節の間が長く、笛を作るのに適しています。


採ってから2〜3年ほど置いて乾燥させた竹を笛作りに使用します。
shinobue

 
● 篠笛の種類
篠笛にはさまざまな種類や銘があります。

種類は大きく囃子用唄用に分けられます。

地域や演奏される場面・曲調などによって用いられる笛は異なります。

また、笛師や銘によって、音色や響き、装飾なども異なります。

shinobue
上 : 囃子用
下 : 唄 用

 
shinobue
shinobue
● 囃子用の篠笛
地域の民俗芸能などでは、その地域内で音程・音階が統一されていればよく、全国共通の笛である必要はありません。

日本各地には数えきれない程の民俗芸能があり、地域ごとの笛も多数存在します。


このような各土地の笛を総称して「囃子用の篠笛」と呼びます(「囃子用」という調律があるわけではありません)。

笛の太さや長さ、装飾は地域によって様々ですが、いずれも指孔の間隔は押さえやすいようにほぼ等間隔になっています。

奏者自身が製作することもありますが、「笛師」と呼ばれる専門職が製作した笛も多数流通しています。
shinobue
shinobue
 
● 唄用の篠笛
歌舞伎囃子の三味線の音階に合う音が出るように指孔の位置と大きさを調整し、改造された笛を「唄用の篠笛」と呼びます。

指孔は七孔で、一笨調子から十三笨調子までの音域の異なる笛が存在します。これらの笛を持ち替えることによって、曲の音高に合わせます。

太く長い笛は低い音、細く短い笛は高い音が出ます。

管頭には数字が記されており、数字が大きくなる程竹は細く短くなり、半音ずつ音が高くなります。

長唄などでも、昭和初期(1930年頃) までは「囃子用」に類似した「古典調」と称される篠笛が用いられていましたが、奏法の工夫(メリカリや運指)だけでは、三味線の音に正確に合わせることが難しかったようで、 このような問題に対処して、五世・福原百之助氏(1844-1963)に よって作られ、四世・寶山左衛門〈六世・福原百之助〉氏(1922‐2010)によって改造されたのが「唄用の篠笛」です。

民謡やわらべ歌など、歌の旋律を表現する際に重宝されます。

shinobue
 
  ◆ 古典調は唄用に劣る?

そんなことはありません。

調律されているからといって「唄用」の方が「囃子用」よりも
優れている、というわけではありません。

各地の民俗芸能の担手の方々は、
何代にもわたってその地域の笛の音程・音階に慣れ親しんでいます。

例えば、「囃子用」ではなく「唄用」を用いても、
ほとんど同じ音階で祭囃子を奏することはできますが、
僅かな音階のズレが その雰囲気を大きく変えてしまいます。

また、単に音階の問題ではなく、指打ちの雰囲気や響きなども
「囃子用」と「唄用」とでは大きく異なってきます。
(この観点から指孔の間隔が広く不均等な「ドレミ調」の使用は論外です)

このように、ぜひとも「囃子用」でなければならない場面が民俗芸能では多く見られます。

「唄用」と「囃子用」それぞれの特性をしっかりと理解し、
場面に応じて使い分けることが大切です。


  ◆ 柔軟な耳を育てましょう

外国の調律を意識しなくても、例えば日本の雅楽には厳密な音・音階の基準がありますし、
地域の民俗音楽などでも、それぞれの基準やこだわりの音、旋律、拍子などが存在します。

しかしながら、日本には日本音楽を表現するための統一された表記法、
すなわち「標準語」が存在しないため、「方言」である民俗音楽を理解する際には、
一般的には、五線譜という「世界共通語」が用いられます。

これにより、地域・流派・国境を越えた相互理解が可能ですが、
このような「翻訳」には限界があり、
その真髄は「原語」でしか表現できないということも念頭に入れておかねばなりません。

共通言語(五線譜・平均律など)を活用しながらも、様々な音階を受け入れられる柔軟な耳を持つことができれば、より広く深い篠笛民俗文化を楽しむことができるでしょう。

「玲月流」では五線譜は用いず、口唱歌・数字譜などを活用しながら、
耳で音曲を習得し、 その曲の持つ雰囲気を大切にして奏するように心がけています。


 
 
篠笛とは
玲月流とは
奏者の紹介
篠笛教室
演奏・講演依頼
篠笛 演奏 京都 大阪
篠笛 教室 京都
篠笛の音
玲月流篠笛 京 師 (みやこ)
通信販売
行事予定
所在地 ・ 連絡先
篠笛 玲月流 民の謡 森田玲
 
copyright (C) 2000−2016 Taminouta Corporation All rights reserved.